CIMの取り組み

Construction Information Modeling

CMIの取り組み

国土交通省が提言された建設業務の効率化を
目的とした取り組み

Construction Information Modeling

CIM
調査設計段階から3次元モデルを導入し、施工・維持管理の各段階での3次元モデルに連携・発展させることで、一連の建設生産システムの業務効率化や高度化を目指した取り組みです。CIMの導入においては、2次元図面から3次元モデルへの移行による業務変革やフロントローディングによって、合意形成の迅速化、業務効率化、品質向上、生産性向上などの効果が期待されます。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

CIMとは?

Construction Information Modeling
CIMは、調査設計段階から3次元モデルを導入し、施工・維持管理の各段階での3次元モデルに連携・発展させることで、一連の建設生産システムの業務効率化や高度化を目指した取り組みです。CIMの導入においては、2次元図面から3次元モデルへの移行による業務変革やフロントローディングによって、合意形成の迅速化、業務効率化、品質向上、生産性向上などの効果が期待されます。

国土交通省のi-Construction

国土交通省は平成28年を生産性革命元年と位置づけ、情報化を前提とした新基準「i-Construction」の導入を表明しました。これまでのCIMや情報化施工、3D計測などの技術を統合し、i-Constructionでは「ICTの全面的な活用」がトップランナー施策の一つとして実施されます。
項目を追加

COMPANY
|会社情報|

株式会社ディストワークスの会社概要・アクセスマップ等はこちらです。